クリエーターはどんな仕事?

Creative Labo

映像クリエーターの第一歩とは

近年では動画サイトの盛況ぶりはめざましく、動画投稿のみで生計を立てている人もいるぐらいです。
この動画作成をすることは実は誰でもできます。
作った映像に広告を貼り付け、その広告収入で生活することも可能なのです。
とはいっても、中々上手くいくわけもありません。
莫大な収入の裏にはとてつもない努力が隠されているものです。
映像クリエーターを仕事としてやってみよう、と思いついたらまずは映像を作ると良いでしょう。
そしてそれをインターネットの動画サイトへと投稿するのです。
もし自信が無ければまずは周囲の友人に見てもらうのも良いでしょう。
とにかく人の目に作品を曝すと良いのです。
自分の作品が世の中の目から見たらどう映っているのか、というのはクリエーターにとって重要な観点です。
クリエーターというのは決して虚業ではありません。
どちらかというとサラリーマンより遥かに技術的な職人と言えます。
その道は険しいですが、やりがいにおいてはかなりの充足を得ることができるでしょう。

これからの映像クリエーターの可能性

YouTube等の動画サイトの台頭によって、映像クリエイトは一般の人にも身近なものになりました。
また、スマートフォンやタブレットで高画質な動画を簡単に撮ることも可能になり、編集ソフトと機材があればプロ並みの映像を撮ることも可能です。
そういう事情ですから、映像クリエーターの仕事は一見需要が落ち込んでいるようなイメージを抱く人も少なくありません。
しかし、ライバルが増える分、活躍のフィールドも大幅に広がっているのです。
動画サイトによっては再生回数に乗じて報酬制度を設けているところも多く、有名クリエーターになると、それだけで生活費を稼いでいる人もいるほどです。
つまり、この世界はまだまだこれから多くの人や企業が参入してくる可能性が高く、そうなれば必然的にクリエーターの活躍の場も多くなります。
ヒット作を生めばあっという間に世界的に拡がる可能性もあります。
ハードルは決して低くはありませんが、一発逆転を狙える数少ない職業のひとつでしょう。

注目サイト

塾を間々田の学区内で探す

2018/8/27 更新

COPY RIGHT (C) 2015 Creative Labo. ALL RIGHT RESERVED