クリエーターはどんな仕事?

Creative Labo

クリエーターの求人で求められるスキル

クリエーターの求人では、他の求人とは違ったスキルを持っていることが求められます。
まず必要とされるのが、これまでの実績です。
どのようなデザインや作品を作ってきたのか、実際に持ち込むことで企業に評価してもらいます。
例えばホームページデザイナーであれば、手がけたサイトを見せます。
DTP関連の求人に応募したのであれば、レイアウトやデザインなど自信のある作品をプリントアウトして提示します。
どのようなソフトに精通しているかも尋ねられます。
特にクリエーターでは専門的なソフトウェアを扱うことが多く、それらを使いこなせるかどうかが重要になってきます。
イラストを描いたり動画や音楽を編集する業界標準的なソフトウェアについて、一通り使いこなして作品を仕上げられるかどうかが求められます。
まだ現場で働いたことがないのであれば、専門学校などで学んだスキルや作品を持ち込むことで評価されます。
クリエーターとしての仕事や学習をしていない人であっても、ネット上で自分なりに公開している人であれば実績があるとみなされます。

クリエーターの求人は様々です

クリエーターになるためには、専門的なスキルが必要です。
その業界によって要求されるスキルは様々ですが、求人募集の案内を見れば求められる素養が分かります。
例えば、デザイナーにはCGソフトの経験が要求されます。
現代のデザインは全てパソコンで進められるためです。
一部例外はありますが、グラフィックソフトでロゴやイラストは制作されるため、単純にデッサン力だけがあればオーケーという分野ではありません。
一方で未経験からクリエーターとしてキャリアアップ出来る求人もあり、その代表例はアニメーターです。
アニメーター業界は人手不足が近年極めて深刻です。
人手不足を補うため、若手育成に力を入れるスタジオもあり、 いわゆる美大や専門学校卒以外の人々でも、モチベーションさえあれば求人に応募出来ます。
アニメへの情熱、健康的な身体、見習い期間に独学でスキルを学ぶ気持ちがあれば、本当に誰でも動画・原画マンや作画監督を目指せるのです。

Favorite

千代田区で矯正歯科を探す

2018/11/28 更新

COPY RIGHT (C) 2015 Creative Labo. ALL RIGHT RESERVED